クリーンエネルギー発電のその先へ。
多様性に富んだクリーンエネルギーの活用が、
我々が想う理想の未来につながる。

我々は30年以上にわたり風力発電事業を続けてきました。これまではクリーンエネルギーを促進するための政府の支援がありましたが、近年では再エネ発電の普及が進むにつれてその支援はもはや不要になりつつあり、いわゆる「ポストFIT」時代がすぐそこまで来ています。 また社会における環境への意識の高まりの一方で、クリーンエネルギーが普及してくるにつれて人々の生活との共存への様々な課題が明らかになってきています。 我々はこうした問題を解決し、更に支援が無くなった環境の下でもこれまで同様に再エネの普及・拡大を行うべく、日々切磋琢磨して実力を磨き続けています。

さらにこの30年の間に当社を取り巻くその他の事業環境も大きく変化しています。IoTや5G時代に突入し、自動車産業なども製造業からサービス業への転換を迫られているなど産業構造も多様化しようとしています。地理的にも一極集中型から、需要も供給も地元で生み出す地方創生のような地域分散型に移行しつつあります。

こうした動きは全て「持続可能な社会」の実現へと向かっており、電力事業のようなインフラ産業も、サービス業やそれらへの融合が求められてきています。 そうした状況の中で、我々も再エネ発電事業の枠に囚われず、より多様性に富んだ社会に対応し、来るべきポストFITの時代でもユーラスが成長を続けられるような新たな事業領域へ挑戦してゆきたいと考えています。

  • New approach 01

    小売事業

    将来は自身で電力の購入先を確保していかなければなりません。将来のそうした環境に備えるため小売事業を開始しました。小売事業を本格化することで再エネ発電所で発電した電気を地元に届けたり、RE100企業など再エネ由来の電気を必要とする方へ届けることを目指しています。
  • New approach 02

    CGレンダリング事業

    クリーンエネルギーで発電した電力をコンピュータグラフィックスの計算力に変換し、計算力としてネットワーク経由で販売する事業です。当社米国案件にて実証事業を行うことを2019年に決定し、実証開始に向け準備を進めています。