Our Project

2019年07月01日 - 欧州における風力発電設備が100万kW突破

当社グループがオランダにて建設を進めてきた風力発電所Windpark Spui(スパウ/出力2万1,000kW)が完成し、本日商業運転を開始しました。

 

この発電所は1基あたり4,200 kWのエネルコン社製風力発電機5基を農地に設置したもので、一般家庭約2万4,000世帯の消費量に相当する電力を供給します。

Windpark Spuiの完成により、当社グループが欧州で保有する風力発電所の設備容量は合計で101万9,970 kWとなり、100万kWの大台に達しました。

 

当社グループは1993年に英国で風力発電所を稼働させて以来、四半世紀にわたり欧州での風力発電事業を推進しており、現在では欧州6カ国(英国、イタリア、スペイン、ノルウェー、フィンランド、オランダ)に風力発電所を保有しております。

 

欧州では、EUが2030年までに再生可能エネルギーの比率を32%以上とする目標を掲げるなど、再生可能エネルギーの導入拡大に向け積極的な取り組みが続けられています。当社としては、こうした事業環境を背景に今後も欧州事業を拡大し、欧州における再生可能エネルギーのさらなる普及に貢献してまいります。

 

【風力発電事業の概要】

  • 発電所名: Windpark Spui(スパウ)
  • 所在地 : オランダ 南ホラント州
  • 発電規模: 21,000kW(4,200kW × 5基/エネルコン社製E-126 EP4)
  • 売電先 : Eneco Group

2018年05月07日 - オランダ南ホラント州における風力発電所の建設について

当社グループは、オランダ南ホラント州において総出力21,000kWの風力発電所の建設を開始しました。

本件はオランダの大手風力発電開発業者であるYARD ENERGYグループと共同で開発したプロジェクトで、当社グループにとっては2016年に買収した9発電所に続くオランダでの風力発電事業となります。営業運転開始は2019年6月を予定しており、操業開始後は同国の一般家庭約2万4,000世帯が消費する電力を供給することが見込まれます。

オランダの風力発電導入量は2017年末現在で434万kWですが、2023年までに累計で600万kWを導入するという目標が掲げられており、風力発電市場の更なる拡大が見込まれます。当社グループとしてはこうした事業環境を背景に、今後もオランダにおいて新たな風力発電所の建設を進めていきます。

 

【風力発電事業の概要】

  • 発電所名: Windpark Spui(スパウ)
  • 所在地 : オランダ 南ホラント州
  • 発電規模: 21,000kW(4,200kW × 5基/エネルコン社製E-126 EP4)
  • 売電先 : Eneco Group    

(完成予想図)